赤ちゃん


育児ノイローゼの症状は?

育児はほんとうにたいへんなものです。
独身のころの自由さに比べれば50倍くらいたいへんな毎日です。
育児のストレス育児ノイローゼになるひとも少なくはありません。

情緒不安定だと自分がわかる場合もあれば、知らず知らずのうちに育児ノイローゼになってるということもあります。

ノイローゼというと取り乱すようなイメージですが、次のような鬱っぽい症状もあります。


・マイナス思考(ネガティブな方向にしか考えが向かわなくなる)
・元気がでない
・無気力
・頭がパニック状態で冷静な思考ができない(ヒステリックな判断をしてしまう)
・不眠症(どうしても十分な睡眠時間を確保できないことから)
・摂食障害(過食や拒食も)
・引きこもり(外に出る気力が湧かない)


ベビーカーでお散歩するのを気が向いたときではなく、習慣化して時間もだいたい決めてしまえば、育児ノイローゼに陥る確率は減りますね。



ベビーモニターがあれば、そわそわ感がなくなります

赤ちゃんは予想外の動きをするもの。

特におとなしく静かにしているときはとっても危険。

静かなときには集中していたずらをしたり、危ないものに好奇心を持ったりしていることは多いです。

ストーブに近づいたり、ポットの給水ボタンを押したり、高いところから落ちたり・・・。

うちの子も足にお湯をそそいで火傷を負いました。
そのときも静かに注ぎました・・・・。


実際、赤ちゃんから四六時中目を離さないなんて無理な話。
理想論ですね。


そんなとき、近年流行りのベビーモニターがあれば少し安心です。
ベビーモニター
ベビーモニターとは、赤ちゃんのお昼寝のとき、夜寝ていて他の部屋で家事をしているとき、
見守っていられるいわば監視カメラです。

ちゃんとしたものを買えば、音声もクリアで映像もとてもクリアです。

赤ちゃんを置いて家事をしているときのあのそわそわ感がかなり解消されますよ!

カメラがリモコンで動くベビーモニターであれば、赤ちゃんが寝返りをうってごろごろを移動しても追うことができて便利です。

真っ暗闇でも鮮明に見えるとさらに安心。

たとえばこのデジタルベビーモニターはオススメです。
【送料無料】【あす楽対応】【期間限定価格】デジタルベビーモニター 防犯カメラ 上下左右ズームがモニターから操作 デジタル信号式ワイヤレスベビーモニター 2.4GHz対応 赤ちゃんモニター 動くカメラ 防犯カメラ 音声モニター【技適】 【BMB009BL】



1歳児とお出かけするときの注意は?

赤ちゃんのようで赤ちゃんではない1歳児。
自分で歩けるので、迷子の心配も出てきます。
ちょっと立ち話をしているスキにちょろちょろっと歩いていなくなることも。


子供を事故から守るのは、親の責任ですから、できるだけ目を離さないように。

0歳のときにはあまり病気をしなかった子でも、1歳を過ぎるとお母さんからもらった免疫抗体がなくなってしまうので、急に病気がちになることがよくあります。

天気の良い日はどんどんと外に連れ出してあげるべきですが、一方風邪などの感染には神経を尖らせておいてください。

ぐずったとき用にお気に入りのおもちゃをひとつかふたつ携帯しておきましょう。

また、この時期は遠出を頻繁にするのは避けた方がよいでしょう。
毎日のペースの中で同じようなところを散歩したりして、リズムに乗ったお出かけをするほうがベターです。


赤ちゃんにテレビを見せるより、ベビーカーでお散歩へ

赤ちゃんベビーカーに乗せてたくさんお散歩をさせてあげてください。

そう書くと、「そんなのわかってるけど、忙しくて無理。理想論だ!」なんていわれそうですが、
まあできる範囲で外に連れて行ってあげてください。

なんと0歳から1日7時間もテレビを見せ続けているお母さんが10%いるという報告があるのです!

たしかにテレビやDVDを見せていれば赤ちゃんは釘付けになりますから、お母さんも家事がはかどりますよね。
ケーブルテレビでカートゥーンネットワークやディズニーチャンネルを流しっぱなしにしていれば、もしかしてバイリンガルになるかも!?なんて想像するかもしれません。

でもアメリカでは「3歳まではテレビを見せるな」といわれています。


テレビをたっぷり見た赤ちゃんは発語が遅れる、コミュニケーション力がつかないなどの報告があります。


テレビを見せるときはどうすればいいかというと、
お母さんが赤ちゃんといっしょに見て、コミュニケーションをとりながら見ることです。
内容について説明してあげてもいいし、いっしょにびっくりしてあげてもいいです。
(そうすると家事ははかどりませんが・・・)


テレビをたっぷり見せると、大きくなって次はテレビゲームにはまりやすくなっていきますから、ここが肝心。
なんとかテレビは少なくして、コミュニケーションをたくさんとって、そして、ベビーカーで一緒にお外へでかけましょう!


子どもの育て方のポイント(1歳〜2歳)

1歳〜2歳のあいだの子どもも難しいところがあります。
「魔の2歳児」などという怖い呼び方もあるほどです。

2歳前後には激しいイヤイヤを連発する子も多いです。

お母さんがなにを言っても、猛烈に否定し、泣き叫びます。
途方にくれますが、これもひとつの成長過程。うまくやりすごしましょう。


また、なにもかも自分でやりたいという発想も出てきます。
服を独りで着たい。靴を自分ではきたい。
うまくできないとまたイライラしてかんしゃくを起こし、泣きわめきます。


まあ、仕方ない自然現象のようなものです。
おおらかな心で接してあげましょう。

その他の変化は、
歩いたり、走ったりができるようになりますね。
階段を上がったり降りたりも。
ボールを投げたりすることもできるでしょう。


堰を切ったように言葉があふれだすころでもあります。
会話ができると、お母さんとしてはまた新しい楽しさが出てきます。


赤ちゃんの育て方のポイント(半年〜1歳)

赤ちゃんも半年を過ぎるとめまぐるしい変化と成長を見せます。

また、めんどうですが、予防接種もこの時期たくさんあります。
どんな順番でするか、お母さんのスケジュール設定の腕が問われます。

お座りができたと思ったら、ハイハイが始まり、ハイハイがうまくなったと思ったら、つかまり立ち。
1歳前後でつかまらずに立てるようになります。

人見知りや後追いも始まりますね。

そして、好奇心旺盛=なんでもとりあえず口に入れます!
せっかく哺乳瓶を煮沸消毒したり、ちゃんと湯冷ましの水を作ったりしているのに、床のごみを拾ってベロベロ・・・・。
鉛筆をベロベロ。乾電池をベロベロ・・・。危険!
ウンチにティッシュが混ざってでてきたり、広告の切れ端が出て来たり(笑

これはお母さんが責任を持ってガードするしかありません。

この時期だけのしんぼうですので、部屋の安全対策は念入りに!


かわいい赤ちゃんをモデルデビューさせよう!

NHK「天才テレビくんMAX」に出たり、マクドナルドのCMに出たりしているこどももいます。


せっかくのかわいい赤ちゃんなのに、お母さんや家族だけが「○○ちゃん、かっわいいわねえ〜」なんて言っているだけじゃもったいないと思いませんか?

かわいい赤ちゃんなら、テレビに出してあげるというのはどうでしょう?

いまのままの子育てを続けるのもよいですが、ひとつのチャンスを作ってみるというのも素敵なことです。

キッズモデルプロダクションに登録しておけば、すっごい話が舞い込む可能性大!!

別に東京し住んでいなければ無理というわけではありません。
まずインターネットでの登録ですから、へんぴなところ(失礼)にお家があったって問題ありません。

まずはアクションです!
》 》 赤ちゃん〜小学生モデル大募集!登録はこちら


終了しました。


スイークル


アップリカのベビーカー「カルーン」


アップリカのベビーカー「カルーン」は軽量アルミフレームで軽〜い両対面ベビーカー。
この軽さでグラつきも振動もおさえられています。
振動吸収性が高くて、路面の熱や紫外線、直射日光から大切な赤ちゃんを守ってくれます。

使用できるのは生後1ヵ月から3歳くらいまで。
体重は15kgまで。

もちろん片手でワンタッチで開閉できてお母さん楽々。
アップリカのベビーカー「カルーン」

コンビのベビーカーメチャカルシリーズともよく比較されるベビーカーです。
対面で押したときの安定感はアップリカのほうが高いですね。


タカタのチャイルドシート

チャイルドシートの付け外しってたいへんですよね。

シートベルトを通してベルトフックにかけたりゴソゴソと作業しなくてはなりません。
ちょっとひっぱるとシートベルトがロックしてしまったり・・・めんどうです。

タカタのチャイルドシートならシートベルトを使わずにカンタンにしっかり固定できますので、 着脱がとっても便利。

これなら、車検のときもパッと外せます。
タカタ takata 04-i fix premium (Maroon) TKIFX-102
タカタ takata 04-i fix premium (Maroon) TKIFX-102


グレコの抱っこひもルーポップ

グレコの抱っこひも赤ちゃんはそれほど重くなくても、しばらく抱っこしていると腰がつらくなってきます。
それでもがんばって抱っこしていると、「子泣きじじい」に変身します。
どうしても重心を傾けて姿勢を維持しなければならないからです。


抱っこひもも超軽量で疲れにくいものがいいですね。
グレコの抱っこひもルーポップ

グレコの抱っこひもはとても軽く、腰ベルトつきなので負担が少ない優れもの。
抜群のクッション性で、タテ抱っことおんぶができて、首のすわったころから3歳くらいまで使えます。
腰にちょっと不安があるお母さんお父さんなら、グキッといく前に絶対グレコを使いましょう。

やわらかなフードがついているので、おんぶのときの赤ちゃんの首カックンも防げますし、赤ちゃんの紫外線対策・美白対策も万全〜!

たたむと化粧ポーチのサイズになるので、かさばらないのもすごく便利ですよ。
洗濯しやすく乾きやすいのもうれしいです。
機能重視なので、見た目の豪華さはなく、よだれパッドや収納ポケットなどもありません。